トップへ戻る

お知らせ

果実酒

シロップ

薬酒

料理用

What's氷砂糖

梅だより2017

氷砂糖Q&A

ばら印の氷砂糖

明治の氷砂糖

会社概要

このサイトについて

個人情報取扱いに関する表記

お問い合せ




梅だより2017

2014年1報 2014年2報 2014年3報 平成29年5月18日
鳳氷糖株式会社
2015年1報 2015年2報 2015年3報
2016年1報 2016年2報 2016年3報
2017年1報 2017年2報 2017年3報

2017年 3報
 毎度 弊社の氷砂糖の販売につきまして、格別のお引き立てを賜り御礼申し上げます。
そろそろ青梅の出まわる時期となりました。各地の情報をお知らせします。
◆九州地区
《 福岡県八女地区 》
 5月10日現在、青梅のサイズは25mm〜30mmで、平年に比べ3日〜4日遅く収穫開始も2日程遅くなる見込み。玉数は平地、丘陵地とも前年より多く平年並み。小梅は前年よりやや少なく20日頃収穫のピークを迎え、順次青梅収穫へ切り替わる予定で、早ければ27日〜28日店頭に並び始めると思われます。

《 大分県大山地区 》
 5月10日現在、青梅のサイズは20mm〜25mmで、平年より1週間程遅く、収穫も数日遅くなる見込み。玉数は梅林によりバラツキはあるものの、平年よりやや少ないようです。JA大山の担当者は、適度の雨量による肥大を期待しているとの事です。

《 佐賀県伊万里地区 》
 5月9日現在、青梅のサイズは25mm〜30mmで、平年並みかやや遅れ気味です。丘陵地は玉数、肥大とも順調で、山間地は梅林によりバラツキがあり、生産者の話では収穫出荷は平年に比べ2日程遅れ、肥大を期待し出荷期間は長くなるようです。
◆和歌山県みなべ地区
 みなべ町梅課によると5月11日現在、青梅サイズは平地部で平均30mm、山間部で平均25mmと平年より1週間程遅いようです。選果場は平年通り稼働準備はするものの、6月6日梅の日に向け出荷の第一ピークを準備し、以降出荷最盛期は6月後半まで続く予定です。玉数は平年よりやや少ない見込みですが、前年の雹被害など目立った被害はないようで、肥大の為に適度の雨が欲しいとの話です。JA紀南は、梅干し用在庫は少ないが青梅は平年並みの出荷を見込み、出荷期間は平年よりやや長い期間を予定しているとの話です。
◆群馬地区
 5月12日現在、青梅サイズは20mm前後で、平年に比べ数日遅く、玉数は主要3梅林共バラツキが見られ、平年より少ないよう です。開花から満開時の天候は穏やかでしたが、気温が上がらずミツバチの活動がやや低調で着果に影響があった模様。JAはぐくみ担当者によれば、選果場は1日〜2日遅れの稼働予定で、肥大の為に多めの雨量が欲しいとの話です。

平年より数日遅く収穫・出荷され、長く流通する見通しです。シーズン後半も、販売・陳列をお願い申し上げます。
収穫量は、例年通り、適度の雨・日照時間の確保・病虫害など今後の天候が重要な要素となります。

写真

▲5月11日 和歌山県みなべ地区
写真

▲5月10日大分県大山地区
全日本氷糖工業組合PR
TVPR
愛知 THK「スイッチ!」 放送日5月30日(火)
大阪 KTV「みんなのニュースワンダー」 放送日5月末(未確定)
宮城 MMT「ミテ!キテ!チェック」 放送日6月10日(土)
福岡 RKB「今日感テレビ日曜版」 放送日6月11日(日)

梅シロップ親子講習会
大阪 「茨木東邦幼稚園」 講習日6月09日(金)
 氷糖の出荷も少しずつ多くなって参りました。青梅の出荷にあわせて、さらに混雑が予想されますので、早めのご発注をお願い申し上げます。
▲このページのトップへ


トップへ戻るお知らせ果実酒シロップ薬酒料理用What's氷砂糖梅だより2017氷砂糖Q&Aばら印の氷砂糖明治の氷砂糖
会社概要このサイトについて個人情報取扱に関する表記お問い合せ